ホーム > 人財募集

募集要項

現在、当院では治療スタッフを募集しております。
詳しい募集要項については、下のボタンを押してください。

総院長から皆さんへ

皆さん「かねこ鍼灸整骨院」採用ページへようこそ!当院は「鍼灸」「手技(マッサージやストレッチ)」「調整(整体・操体法など)」を学びたい鍼灸師を募集しています。

鍼灸整骨院に行っても「鍼は打てるようにはならない」と聞いた…
鍼灸院に勤めても、開業レベルまで技術が向上するのに何年かかるのやら…
リラクゼーションや整骨院でマッサージは出来るようになったけど…
もっと「鍼灸治療」の教育に力を入れているところはないかな…
女性でも安心して働ける治療院はないかしら…

あなたがもしもそんな風に思ってらっしゃるなら、安心してください。その答えはこのホームページに書いてあります。

それでは鍼灸師が自分らしく働いて、「技術を高め」「人の役に立ち」「必要とされる」にはどうしたら良いのでしょうか?

題して、
鍼灸師が目をキラキラさせながら働くための「3つの特色」
1.『ココロ穏やか、カラダ健やか』を最優先
2.抜群のチームワーク!『チームかねこ』
3.技術の教育に絶対の自信『鍼灸』『手技』『調整』

さぁ、それでは詳しく説明していきましょう!

1.『ココロ穏やか、カラダ健やか』を最優先


治療を担当する先生が不健康なのでは治療に説得力がありません。治療師の仕事は激務です。キツい・ツラい。しかし、若いうちにたくさん経験しないと技術はついてこない…。耐えて、耐えてだけではジリ貧です。成れの果ては退職もあります。

そんなジレンマを解消するために実施しているいくつかの取り組みをご紹介しましょう。

おたがい治療し合う制度

当院は毎週木曜日にスタッフ同士で治療し合う時間があり、これにはいくつかの効果があります。

①先生役は正直な意見をもらえて勉強になる。
②患者役は体が楽になり、自院の効果を実感。
③仲間の実力を理解でき、尊敬や承認が起こる。

このように、お互いに治療をする時間を毎週定期的に作ることは大変意向かがあるのです。ちなみに、当院の受付スタッフのほぼ全員が、お休みの日にわざわざ来院して治療を受けています。それほど、院で働く者にとって、「治療効果の実感」は大切なことなんですね。

予防的技術訓練

実は鍼灸師として働き始めてすぐに腰が痛くなったり、指が痛くなったりすることがあります。これには二つの原因があります。

①指や腰の筋力や関節の柔軟性が足りずに痛みを起こしてしまう(訓練により克服可能)
②悪いフォームのまま仕事をしているが本人は気づいていない。(本人が気づいて矯正しない限り治らない・または悪化する)

当院では①②ともに予防的技術訓練を実施します。簡単にいえば「上手になるための訓練ではなく、けがをしないための訓練」です。しかし、これは本当に重要です。指や腰が痛くなることで働けなくなる人を、これまでにたくさん見てきました。

「才能があるのに、けがで働けなくなるなんてもったいなさすぎる!」
「それに治療師やっている先輩や院長は何やってんだ!治してやれよ!」
そんな熱い想いからこの訓練を実施しています。

サプリメント支給制度

当院では院で患者さん向けに出しているサプリメントを、なんと!「無料で支給」しています。買えば数千円〜1万数千円もするような高価なものを毎月支給するのには理由があります。
①スタッフの体調管理のため。(これで10年来の便秘が治ったスタッフもいます!)
②自分が飲んでないものは、患者さんにも勧められないから。
この制度はスタッフから好評で、現在、ほぼ全員のスタッフが支給を受けています。

週休2日制&有給休暇制度

当院ではユニークな週休2日制を導入しています。
まず、日曜日はもともと「定休日」です。さらにスタッフには週に1日 自分の「公休日」があります。そして木曜は「定期勉強会」です。
日曜日は「休養の日」、木曜日は「教養の日」、公休日は「自由の日」

有給休暇制度もありますから、結婚式や風邪等で休んでも、すぐにお給料が減ったりしません。全てはスタッフに気分よく働いてもらう為です。

日野先生からのコメント
私は元々他の鍼灸整骨院に勤めていたのですが、かねこに来てからは、患者さんと接するのは週4日だけなので集中して出来るし、休みの日も勉強会に行けるようになりました。
たまに体調を崩しても有給があるので助かるし、旅行や友達の結婚式などでもみんな有給を使って休んでいるので、使いやすいです。
『ベストコンディションがプロの基本だっ!』といつも教えてくれる総院長は、社員の健康をとても考えてくれています。
本当に感謝していますっ!

大沼先生からのコメント
私は家庭を持っているので、週休二日はありがたいですね。院長の激務で疲れたら、練習と称して(笑)仲間に治療してもらっています。
サプリメントも無料で支給してもらえるので、自然と続ける事が出来ます。感謝!

2.抜群のチームワーク!『チームかねこ』


会社の仲間と過ごす時間は、睡眠や家族との時間よりも長いです。

ギスギスした雰囲気で働いても、良い治療はできないし成長もありません。抜群のチームワークこそが成長への近道だと思います。さあ、チームかねこの世界へようこそ!

インターン制度

当院は採用において「マッチング」にこだわっています。面接試験を合格すると3ヶ月のインターン期間に入ります。そこで「この会社で本当に働きたいか?」を見極めてください。少しでも「違うな」と感じたら仰って下さい。3ヶ月も一緒に働けば良くも悪くもお互いに自分が出てしまいます。それでも相思相愛なら、その関係は本物だと思います。

一緒に頑張りましょう!

シスター制度

インターン期間中、あなたには先輩治療師が「シスター」として専属世話係になってくれます。仲良くしてあげてくださいね(笑)分からない事は何でもシスターに訊いてください。インターンを無事クリアできるように手助けしてくれるはずです。

三川先生のコメント
自分がインターンだったときの事を思い出すと、シスターの先生に対する感謝の気持ちが湧いてきます。
頼りになる先輩がいたから、ここまでがんばれたんだと思います。

キーノート(基調講演大会)

当院では四半期に1回キーノートと呼ばれる演説大会をします。

総院長は会社のビジョン、次の目標などを語ります。スタッフたちは自分の変化や成長、達成や貢献について話します。毎回笑いあり、涙ありの盛り上がり!口べたな人も大丈夫!慣れます(笑)

全員でピットインすることで、目標が明確になり、役割分担が進み、人間関係を温めます。チームかねこで働いていれば「僕は何のために働いているんだろう…」などと悩むことはありません。

北村先生からのコメント
キーノートに参加して自分のことが良くわかった事。自分の考えやこだわりが文章になって、明確になった。自分の事が今まで分かっているようで分かっていなかったんだなと反省して、キーノートのたびに明確にしていこうと思います。
私は人に不満を言うのが苦手で、我慢しがちでした。でもキーノートで仲間の想いを知って、仲間は家族と同じだな、と腹をくくれました。
そしたら自然と誰にでも必要な事は言えるようになって、相手を責めずに、自分の想いを表現できるようになりました。キーノートに参加して自分の目的がが明確になると、こんなに行動が変わるんだなとびっくりです。

3.技術の教育に絶対の自信『鍼灸』『手技』『調整』


私たち治療師にとって治療技術は本質的な価値を生み出す「命」そのものです。ラーメン屋で言えば、「ラーメンの味」ですね?(笑)

巷では「集客セミナー」やらなんやらやっているようですが、技術が無ければいくら患者を集めても無駄です。当院は「鍼灸」「手技」「調整」をバランスよく組み合わせて、他の院では作れない満足感を作り出します。

10年間「技術教育」にこだわってやってきました。おかげさまで、スタッフの技術水準は非常に高まっています。その秘訣をご紹介していきますね!

選抜合宿と研究会

選抜合宿
総院長と選抜スタッフ3〜4が伊豆のリゾートホテル「アンダリゾート」で3泊4日。とにかく、とことん練習します。毎回、最後は全員が自分の技術の壁を突破していきます。合宿帰りのスタッフは皆、技術水準が格段に上がり、総院長とのパイプも太くして帰ってきます。

研究会
合宿に行けない人のために、研究会があります。それは選抜合宿の一日バージョン。総院長の自宅にて朝から晩まで練習!とても充実した一日になります。研究会は頻度も高いので全員にチャンスがあります。

甘粕先生からのコメント
こんにちは!初めて勤める治療院が、皆さんにとっての基準になると思うんです。
だから最初に勤める治療院は妥協無く選んで下さいね!
鍼灸は患者さんに生きる勇気を与える素晴しい仕事です。そして、努力によって自分を高めていく事が出来ます。
私がココに勤めてよかった事は「成長を後押ししてくれる事」この一言に尽きます!
僕と一緒に成長しませんか?

非日常業務

かねこの教育の根っこを支えているのがこの「非日常業務」です。木曜日は休診日なので、患者さんは来ません。しかし、スタッフは全員集まります。そこでやることは実に様々ですが、代表的なものをご紹介していきます。

カンファレンス これは実際に起こった症例をみんなで分析して鑑別診断していくクイズの様なもので、診断力アップに。
鑑別勉強会 これは膝なら膝の疾患を15人で手分けして資料を作ってしまうというもの。自分一人で膝の疾患すべてを勉強するとなると大変ですが、15人で分業なのであっ!というまに一生ものの資料が出来上がる勉強会。
課題克服技術練習 個人的に気になっている技術の克服や練習の時間です。ちゃんと院長や先輩が指導してくれます。
診療スコア測定 昼休み頃に一人が先生役、一人が患者役になり治療します。その後で振り返りの時間をもち、学びにします。これをお互いにやると、練習としての効果と治療を受ける効果と仲間の実力が分かる効果という3つの効果が得られます。
イベント BBQ大会や誕生会、キーノート、クリスマス会のように、全員で集まらなければ出来ないことはすべて木曜日に行います。

朝練・夜練文化

朝が得意な人がいれば、苦手な人もいますよね?また、いろいろな都合もあります。かねこの先生たちは向上心が強いので、あなたが「朝練したい!」「夜残って練習したい!」のどちらでも誰かがつきあってくれます。誰からともなく始まったこの文化。いまではすっかりかねこの当たり前の風景になりました。あなたが体力を回復させたいときも、練習したいときも、かねこのみんなはあなたの味方です。

外部勉強会補助金制度

私たちは外部の院の良いところもどんどん取り入れていこうと考えております。ですからスタッフがお休みの日に外部の勉強会にいくことを応援しています。院からささやかではありますが「半額」を補助させていただいております。スタッフが外部を知ることで当院の良さを再確認し、外で学んだことをかねこで活かして欲しいのです。おかげさまでこの制度もスタッフから大変人気で、毎月利用してくれています。この制度を利用したスタッフは、全スタッフに資料供出などフィードバックし、情報の共有化を行います。