ホーム > 交通事故外来

交通事故外来

交通事故に遭われたら、まずは当院にご相談下さい

私どもは、これまで200件以上の交通事故を取扱ってきました。

交通事故によるケガには、経験豊富なスタッフが、確かな技術と専門的な対応で、被害に遭われた方のお気持ちになり、誠意を持って治療にあたらせて頂きます。また、一般的には交通事故でケガをした場合は、保険会社に報告すれば、複数の医療機関で同時に治療を受けることも可能です。他の医療機関で治療を受けているけども『できるだけ早く楽になりたい』『仕事が忙しくて通院できない』など、お困りの方もお気軽にご相談ください。適切な対処とアドバイスをさせて頂きます。

交通事故外来 相談電話 045-402-7114(午前9:00~午後20:00)
交通事故外来 相談メール xxxtoru0301@i.softbank.jp
(随時受付しております。一両日中にお返事いたします。)

交通事故専門の外来を設けております

かねこ鍼灸整骨院では一般診療部門とは別に、ムチ打ち症を含めた交通事故外来部門があります。その理由は、交通事故の治療と一般の治療とはあらゆる面で違いがあり、それはしばしば患者様にとって煩わしい問題になるからです。当院ではこれまでの経験を活かし、そのような患者様のお役に立てればと考えております。では煩わしい問題とはどのようなことでしょうか?

①警察への届出、加害者・保険会社との話し合いなど、交通事故に遭った時の正しい対処法がわからない!
②事故後、数日経ってから痛みや不快症状が現れた!
③仕事や家事・育児・介護などに追われて、ろくに通院できずにいたら、症状が慢性化してしまった。
④事故後の症状があまり強くないので、影響がどの程度のものなのか、自分では判断がつかない!
⑤損害賠償や慰謝料の算定法が分からなかったので、充分な賠償が受けられなかった!
⑥事故の影響で気持ちが塞いでしまった!車両が怖くなった!などの精神的影響。
※交通事故の場合、自賠責保険により治療費が出るので、治療費や診断書料を負担することは一般的にはありません。

交通事故が原因の痛み(むち打ち症、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感 等)は、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。そうならないためにも、早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで、きちんと治療される事をおすすめします。

かねこ鍼灸整骨院ではこのような一般の診療ではあまり起こらない問題に対して、対応できるように努力を続けて参りました。事故後の正しい対処法をアドバイスし、適切な問診・検査を行い、どのくらいで治るかの見通しを担当の先生がご説明いたします。

また、必要に応じて他の医療機関とも連携し、MRI・CT等の各種検査やメンタルヘルスケアも行います。治療法は担当の先生と相談して決めることができるので、患者様にとって、受け入れやすく、効果的な治療法を選択することができます。おかげさまで、多くの交通事故患者様からご支持を頂いております。

治療が終了したら、自賠責保険、支払契約、休業保障や交通事故後遺症治療に必要な事務的処理は当院のスタッフが対応致します。損害賠償、慰謝料等の額が適切かどうかも、当院のスタッフがお調べしてアドバイスいたします。交通事故のお怪我は後遺症を残してしまうことも多いので、心身共にダメージを残さないように、きちんと治療することをオススメします。実際に当院で治療を受けられた方の、体験談も随時ご報告いたします。

治療する場所は自分で決めることができます

交通事故の怪我と言えば、精密検査を受けた病院にそのまま通院しなくてはいけないと思われています。しかし、レントゲンを撮って「異常ありません」で終わってしまい、治療も満足に受けられない、痛み止めや湿布を渡されるだけというケースがあるようです。

そもそも交通事故に多いむち打ち症(外傷性頚部症候群や頚部捻挫)は、レントゲンに写らない組織の損傷のことで、レントゲンやMRIで見えるように骨や筋肉の損傷をともなうことはほとんどありません。

「でもお医者さんが異常はないって言ってるし・・・」「病院を変えるなんて出来るの?」と思われるでしょうが、むち打ち症は早期の治療が重要です。症状に合わせた適切な治療を行わない場合、後遺症に悩まされることもありますので、早めに対処しましょう。

まずはご相談ください。治療内容、自賠責保険の内容、保険会社への連絡方法など分かりやすくご説明いたします。

  整形外科の場合 当院の場合
保険会社への
対応の指導
対応はしてくれないことが多いようです。 患者さんが損をしないように、対処の仕方をお教えします。

当院では警察への届け出の仕方・休業補償の使い方・賠償金のめやす・事故後の保険会社担当との折衝など、詳しくご説明いたします。整形外科の先生は交通事故の煩雑な手続きに関わり合いたくないことが多いようです。ですから3カ月程度だと時に経過悪くてもあまり細かい対応をしてくれる事はありません。
状態の説明 「むちうちだね」など、簡素な説明。 交通事故でのけが特有の状態について詳しく説明。

交通事故のけがで多いのは「むちうち損傷」なのですが、これはレントゲンには異常が見つからないことから、軽視されやすい傾向があります。

しかし、患者さんの自覚症状はかなり強い場合も多く、経過も緩やかにしか治っていかないケースや、なかなか改善がみられないこともしばしばです。当院では、患者さんの不安に応えるために、初診の段階で、じっくり丁寧にご説明申し上げます。
治療内容 痛み止めの内服。 患者さんの状態に合わせた複合した物理療法。

当院はもともと慢性的な痛みを治すのが専門なので、治りにくい痛みのご説明・治療はお任せ下さい。整形外科での治療は、痛み止めと胃薬が出てそれを飲んで凌ぐと言う治療。通院した場合は、電気治療などをするようです。交通事故による怪我においては一般の怪我では加わらないような大きな外力が加わっているため、そのような治療では治りが悪い場合があります。
交通事故の治療 自賠責治療に詳しいとは限らない。 これまで300件以上の自賠責治療に携わってきました。当院は交通事故の患者さんの治療経験が豊富です。
賠償額 応を間違えると賠償額が少なくなってしまいます。 妥当な額を受け取ることができます。

交通事故の治療後に受け取る賠償金にはルールがあり、それに基づいて賠償金が決定していきます。当院では事故による痛みが完治され、納得のいく賠償金額が受け取れるように最善を尽くします。整形で薬をもらっていたがあまり効かず、仕事が忙しくてなかなか整形外科には行けなかった…などということがあると、体はツライし、賠償額もゼロがひとつ減ってしまうなどということもあり得ます。
体調の改善 保証はしてくださらないでしょう。 絶対的な自信があります。

当院はもともと慢性的な痛みを改善するのが、主な治療内容です。交通事故後の痛み、不快症状の改善に絶対的な自信を持っております。事実、これまで300件以上の症例に関わってきましたが、その95%以上の症例で患者様にご満足いただく結果を出しています。

むち打ち症について

むち打ち症の原因で最も多いのは、自動車の追突事故です。軽い事故の場合、事故直後の検査では異常が認められず、自覚症状もないことがしばしばあります。しかし、数日後から症状が現れてだんだんと強くなってくるケースがかなり多いのです。首の痛みだけでなく、頭痛、肩こり、めまい、手の震え、手足のしびれ、感覚異常、だるさ、倦怠感、吐き気、集中力の低下、ふらつき感など様々な症状が現われます。また、その症状がなかなか治らず後遺症に悩む人が多いのです。ここでむち打ち症の症状を、大きく分けて説明しましょう。

1)捻挫型・・・首周辺の痛みやこりが主な症状。
2)根型・・・腕や手に痛みやしびれや感覚異常が見られます。
3)脊髄型・・・下半身不随の症状が出てしまうケースです。これは事故後すぐに入院するケースがほとんどです。
4)バレリュー型・・・自律神経の失調が起こるケースです。非常にやっかいで、一般的な治療にはあまり良い反応を見せないこともあります。後頭部痛にめまいやふらつきに吐き気、頭痛、不眠、倦怠感。実に様々な症状がでますし、経過も緩慢です。また、心理的ストレスなどで、症状が変動しやすい傾向があります。

むち打ち(交通事故)の治療法
むち打ち(交通事故)の治療では、最初の1~2週間は安静を保ち、炎症を抑える治療を受けます。病院で行う様な機械による頚椎の牽引というような治療は行いません。患者さんのその日の状態を確認してから手技を使って頸椎の生理的前彎のアライメントを整えていきます。そうでないと、逆に筋肉や靭帯を痛めてしまうことがあるからです。頚椎SPATという治療を行うことにより、むち打ちの主症状である、頭痛や、首が回らないといった症状は数回の治療で明らかな改善を体感できます。

また、前出のやっかいなバレリュー型の場合や、事故後半年経っても改善が見られなかったケースなどの症例を豊富に持っており、お力になれると確信しております。むち打ちは治らないものと諦めている方は、示談の前にぜひ、一度ご相談下さい。むち打ちは、きちんと治療すれば必ず改善されます。